Home

大学受験で合格するために

大学受験で合格する方法は、その大学の入学試験で出題される問題を予想して的中すれば簡単に合格をすることができます。しかし、なかなかその出題されそうな問題のヤマを張ること自体が困難な場合もありますので、どんな問題が出題されても対応できるような勉強をする必要があります。

その一つとしては大学の過去問から考えられる出題されそうな問題をピックアップして対策を練ることが大切です。受験生において、大学で出題された過去問集である赤本の存在を聞いたことがあると思いますが、それを活用して傾向と対策を練ることです。

特にそこから逆算して勉強していくことが重要となります。確かに過去問を解いてみて、解けない問題が多ければ、その大学に合格することも難しい可能性があります。ただ過去問はあくまでも過去問であり、去年おととしと出題された問題がまた出題されるといったことは滅多にありません。ただ出題されやすい問題の傾向性は、大学によっては特徴が見られますのでそれを探ることが出来てその対策をしっかり行っていけば、比較的に大学受験で合格することが出来ると言えます。

自分に合った勉強方法を探す

大学受験で合格するために必要なことは、いくつかあります。一番必要なことは、自分に合った勉強方法を探すことです。人それぞれ得意科目も、不得意科目も違います。自分に合った勉強方法を行うことによって、成績も上がってきます。私の勉強方法は、解き方を理解するまで繰り返し問題を解くことです。繰り返し問題を解くことによって、どうしてそういう風に解けばいいのかが分かってきます。

理解するまで解くと、似たような問題が出てきた時に解けるようになります。毎日続けて勉強することで、暗記も出来るようになります。それ以外に必要なことは、体調管理をしっかりすることです。試験当日に風邪を引いてしまっては、いつもの実力を発揮することが出来ません。体調が悪いと体調のことが気になって、問題も手に付かないこともあると思います。自分の実力を発揮するためにも、しっかり体調を整えて試験を受けたいです。受験に合格するには、体調管理も重要です。

充実の教育制度⇒神奈川の薬学部

大学受験で合格するために必要なこと

大学受験で合格するために必要なこととして、最も重要なのは忍耐力です。周りのプレッシャーに負けず、何よりも自分に負けないことが、受験するにあたって重要なことです。学校、家族、友人からのプレッシャーが色々とかかってくる時期です。先に友人が推薦で大学を決めてきても、それがまだ決まっていない自分への間接的なプレッシャーになることがあります。ですが、それを気にせず、自分の力を信じて勉強を続けることが大切です

また、自分に負けないことの最たるものは、諦めないということです。大学受験をする年には、何度も模擬試験を受け、自分の実力が今どのあたりなのかを確認することが何度もあると思います。その度、毎回いい点数を取れるとは限りませんし、落ち込むこともあると思います。

ですが、そこで諦めずに、間違えた箇所こそを宝とし、勉強することができるかどうかが大学受験で合格できるかどうかの鍵になります。一度間違えた問題は二度と間違えないようにすること、それこそが同じ失敗を繰り返さず、1点でも多く点数を稼ぐための試金石になります。

どこまでも諦めず、満足せず、頑張り続けることが大学受験に合格するための近道です。